脇汗の対策

暑い季節にはとっても気になる脇汗、多汗症の人は冬場でも汗が出てしまいます。

皆さんは脇汗の対策はどのようにしているのでしょうか?

制汗剤や脇汗パッド、タオルで拭いたり人によって色々な対策があると思います。

体質だから仕方ないとあきらめないで自分にあった対策を探してみましょう。

汗をかくのは体質だけではなく、精神面からくる方も多いようです。

手に汗をかく人は手に、脇に汗をかく人は脇に意識が集中されるため、余計にその部分の発汗してしまう人もいるらしいです。

脇汗の対策として、しょっちゅう脇をティシュやタオルなどで拭いて、気にしすぎると、かえって脇汗が出ることになってしまいます。

そのような方は人前に出る時だけ、脇汗用のパッドを使うなどして普段から自分自身にストレスをかけないようにすることが大切です。

他の対策としては、普段から食べている食事にも汗に大きく左右されます。
辛いものや香辛料を控える、肉も控える、冷たいものばかり食べないなどといった食生活の改善をすることも大切です。

色々な脇汗の対策をしているけれど、どうしても脇汗の度合いやニオイが気になるという人は、専門医に客観的にみてもらうことをオススメします。

専門医に見てもらえば、どのように脇汗の対策をしていけば良いのか
方向性も見えやすくなります。

汗をかくからと悩むだけでは改善しません。
悩むよりも行動することが大切です。

タグ

2011年1月26日

ttyk (16:24)

カテゴリ:

脇汗の臭い

汗の臭いが気になる人は多汗症やわきが人だけでは無いはずです。

冬場でも出てくる汗に困っている人も少なくないでしょう。
汗をかくと、もうひとつ気になるのが脇の臭い、周りに人がいたらなおさらです。

沢山の人の中にいるときや、好きな人の前で脇汗の臭いが気になって積極的になれなかったり
不快な思いをさせているんじゃないかと塞ぎ込んだりしてませんか?

でも、あんまり落ち込んだり神経質にならないでくださいね。
人間誰でも少なからず臭いはあるものです。

それに落ち込んでストレスを抱え込むと、それがかえって
脇の臭いや汗の原因になったりすることも、あるみたいです。

それでもやっぱり気になる脇の臭い、
そんな脇の臭いに対策する商品も色々出ています。

制汗スプレーからデオドラントジェル、専用石鹸などもあるようです。
自分のスタイルや体質に合ったものを選ぶのがよさそうですね。

また普段からの食生活の改善も脇の臭い対策のひとつです。
高カロリー、高脂肪ものは控えて、野菜を多めにとりましょう。

高カロリー、高脂肪のものを多く摂ると皮脂腺が肥大して
アポクリン汗や皮脂の分泌が多くなり、それらが細菌に分解されて
脇の臭いの原因となります。

また辛いものや香辛料なども汗をかきやすくなり、脇の臭いを
さらに悪化させる原因ともなるようです。

脇の臭いの対策も沢山あるので、自分にあったものを探すのが
一番重要ですね。

タグ

2011年1月19日

ttyk (17:44)

カテゴリ:

脇汗とは

脇の汗が気になります。自分は脇汗や手汗、顔にもをかくことが多いのです。そんなに肥満ではないと思うのですが。

自分では脇汗の臭いには気付かないものですよね。でも他人からすれば臭うのかな?と不安になったりします。自分の体臭はわかりにくいですから。これってワキガかなと悩む人も多いでしょうね。

そこで、脇汗について調べてみました。

まず、をかくのは、体内にこもった熱を逃がし、一定の体温に保とうとする為で、気温が高いときや食事をとった後、運動をした後などにをかくのは、このためなのです。このように身体が熱くなったときにかくを「温熱性発汗」といい、手のひらや足の裏を除いたほぼ全身にかくそうです。

肥満の人は皮下脂肪が熱の放出の邪魔をして熱がこもるので、体温を一定に保つように大量のをかくのだそう。
また、緊張したり、ドキッとした時などにかくは自律神経の働きによるものだそうです。

脇汗に限らず、の量が多い人は多汗症と呼ばれるみたいですね。全身からが出る人もいれば、手や足などの限られた場所から出る人もいるようです。
具体的な原因についてはまだよくわかっていないのですが、自律神経のバランスがくずれ、交感神経が働きすぎることなどによって引き起こされるようです。

もっと脇汗について調べていこうと思います。

タグ

2010年12月28日

ttyk (22:35)

カテゴリ:

バナーエリア

このページの先頭へ